Deoxee デオキシー

時短ビューティーシンプルスキンケア

ザ・キャンディ・ハウス(スリランカ)

April 26, 2015
80 views

こんにちは、Tablet Hotelsの諸星です。先週は久しぶりのバケーションで、1週間スリランカに行ってきました。ここ数年、ずっと憧れていたデスティネーション。現代のリゾートに大きな影響を与えたスリランカの建築家、ジェフリー・バワの作品に触れたり、世界遺産を巡るのが目的でした。

 

正面玄関

 

スリランカ中部の古都、キャンディで宿泊した「ザ・キャンディ・ハウス(The KandyHouse) 」は、ジェフリー・バワの弟子が、築200年の邸宅を改装した、たった9室のホテル。市内から車で30分ほど離れたジャングルの中に、ひっそりと佇んでいます。

 

ゲストルーム

 

このホテルをひとことで表すなら、インティメイト(=親密)。常に10名ほどのスタッフがおり、いつでも、どこでも、気軽に声をかけてくれます。お食事やサービスは、すべて望みどおりにカスタマイズしてくれるから、どんどん居心地が良くなり、愛着が湧いてくるのです。

 

ダイニング

 

といっても派手な装飾は一切なし。石造り邸宅の素朴な雰囲気はそのままに、現代的な家具やアートがセンスよく散りばめられています。もちろん快適なステイに必要なものはすべて揃っています。蚊よけのバングル(もちろん天然素材でできた)をもらったのは初めて!

 

プール

 

中庭から一段下がったところにあるプールは、360度自然に囲まれていて、耳を澄ますと、様々な鳥や動物の声が聞こえてきます。時間が経つと心が満たされ、何とも言えない贅沢気分に。まさに自然と共存するリゾート、バワのエッセンスが詰まった、キラキラと輝く宝石のような宿でした。

 

ザ・キャンディ・ハウス(The Kandy House)

住所:Amunugama Waluwa, Gunnepana, Kandy, Sri Lanka

客室数:9室

 

宿泊料金:1泊1室225ドル(約27,000円)〜

81 views

美伝子Labライター

Tablet Hotels日本語サイト担当諸星 文香
グローバルなホテル予約サイトTablet Hotelsの日本語サイト担当。 ホテル選びにこだわりを持つトラベラーのために、世界中から独自のテイストで厳選したユニークで魅力溢れるホテルだけを取り扱う。プランニングに時間をかけずに、自分好みのホテルをチョイスして、ロマンチックでグラマラスな旅を!

ラグジュアリーなホテル予約サイトTablet Hotelsの日本語サイト担当。
ガイドブックには絶対に載ってない情報が満載の”旅プロ”コラム!。
毎回壁紙にしたくなるような美しくうっとりする写真が満載!”見ているだけで癒される”コラムです。

Comment On Facebook