Deoxee デオキシー

時短ビューティーシンプルスキンケア

美伝子が輝く~内側から美しくなるためのカラダ講座⑪

January 7, 2014
25 views

皆さん、こんにちは!
カラダ講師の安藤万里子です。

朝日

明けましておめでとうございます!
皆様にとって2014年が「勢いよく駆ける馬のように飛躍する」素晴らしい年となるよう、心から願っております!

さて、新年早々ですが、年末からの疲れを引きずってしまい、仕事初めの忙しさや新年会などのイベントに翻弄されてココロもカラダも疲弊していませんか?

「仕事や対人関係においてストレスをためないこと」が、カラダを壊さないための重要なファクターとなるのは皆さんもご存じの通りだと思います。

真面目で勤勉な日本人は、どうしても自分のココロとカラダを犠牲にするような頑張り方をしてしまいがちです。

…ということで今回は、【体外環境を整える】シリーズの最終章である
《仕事・対人環境を整える~ストレスをためにくい考え方とライフスタイルで免疫力アップ!》
についてこっそりお教えしますね。

鴨

↑私はこれを頂くとストレスが吹っ飛びます♡

なんと、あなたがストレスを感じた瞬間に血液は酸化し、赤血球の数が減少して免疫力は20%ほど落ちてしまうといわれています。

これまで何千人ものカラダと深く向き合ってきましたが、面白いことに、神経質な人、真面目な人、怠けぐせのある人など、それぞれの特長に当てはまったカラダの歪みや癖があるのです。

個々の考え方は【貴方の今のカラダの状態】にバッチリ反映されているということですね。
また、自分を大切にできない人・自己犠牲の傾向がある人は【自分のカラダへの扱い方】がとても荒いのです。

まずは、カラダの扱い方・ストレスを溜めない考え方について知りましょう♪

————————————————-
《カラダとココロの関係》

人は命そのものである【カラダ(肉体)】と、命を守るための【ココロ(感情・思考)】でできています。
コンピューターで言えば、カラダはハードで、ココロはソフトにあたります。
大事なのはハードで、それを生かすのがソフトですよね?

もしもあなたが今、不幸せ・不満・世の中の不平等性を強く感じながら生きているのであれば、今のあなたが用いているソフト(考え方)はウイルスのようにあなたのハード(命・健康)を脅かしています(´◦ω◦`)ガーン

個々のカラダが持っている大いなる可能性や才能を引き出すのは、その人のココロ、すなわち『カラダを活かす考え方とそれに基づいた行動』なのです。

————————————————-

さて、これらを踏まえて
アンテク流《ストレスをためずにカラダを健康に導く考え方のコツ》、いってみましょう!

【仕事に対する考え方】
●自分の能力を見極めて、『適職を本職にする』ことが健康への近道!

→好きだけど向いてない自覚があるもの、カラダを壊している感覚があるものは、残念ながら貴方の適職や天職ではありません。
やめる必要は全くありませんが、お金を稼ぐ手段は得意分野を選び本職として、楽しい・好きなことはサイドビジネスとして考えましょう。

●精一杯の努力をしてもうまくいかない時は潔く諦めて、やり方を変える!

→こだわりは大事ですが、思い込みは自分を苦しめるだけです。
ひとつの事に熱中してしまう人は 「ま、いっか」と気持ちが切り替えられるようになると、カラダとココロに負担をかけないで済みます。

【人間関係に対する考え方】
●一緒にいて違和感を持つ人とは距離をおく!

→自分に根本的な自信がないと、周りにいる人が貴方にグチや嫌みなどをいって、ストレスの捌け口にする場合があります。
もしそういう人の前ではアハハと笑いながらもストレスを感じているのなら、世話など焼かず、すぐに距離を置きましょう。
そして、自分に自信をつけるためのアクションを起こしましょう。
また人柄や考え方はあまり好きではないけれど「この人といると得」になると感じて付き合っている対人関係があれば、早めに縁を切りましょう。
逆に、貴方と付き合うことで「何らかの見返りを求めている」人とは、どんなに仲良くしていても貴方にその価値がなくなれば去っていくでしょう。

人として尊敬できる友人や家族がひとりでもいれば、持ちつ持たれつのような利害関係やしがらみの中に身を置かなくても、貴方は充分幸せに生きることができるのです。

【ストレスをためないコツ!】
●不安なことには期限を設けよう!

→人が不安や心配といったストレスを抱えるのは「この辛さがいつまで続くのだろう」と先の見通しが立てられない時だったりします。
大体でもよいので「これも~までの辛抱だ」と先が見通せるように考え、行動を取ってみましょう。
ココロは「期限があるなら頑張れる」ので、ストレスという負荷はなくなります。
ゴールのないマラソンを一生懸命走り続けることは辛いことですが、ゴールの位置を決めれば、ペース配分などを工夫することに意識が向かうでしょう。
あとはその問題を解決するための課題に取り組むだけなので、マイナスの感情に浸らなくて済むのです。

カフェ

↑たまの《小さなご褒美》のために頑張ってみるのもいいですよね♪

これまで5回にわたって体外環境について語ってきましたが、あなたのカラダへの扱い方・考え方・行動が変われば、あなたの周りの環境とあなたの健康状態はおのずと、しかし確実に変わっていきます。

このコラムで何度もお伝えしていますが、「努力をすれば必ず報われる」というのは大きな誤解で、実は世の中は「正しい努力しか報われない」ようにできています。 
努力のベクトルを間違えれば『無駄な努力』となってしまう事は私の人生でさんざん経験してきました。

実は、以前の私は今回の【仕事・対人関係チェック】の項目すべてに当てはまっていた人間なのです。

「自分のため」「無駄なことなどひとつもない」と思って重ねてきた血の滲むような努力は私の根性を鍛えてくれましたが、それによって自分を心身ともにボロボロにする結果となりました。

悲しすぎますね(笑) 

「自分の望む方向に変わる」努力が報われるためには、正しい知識が必要です。

ただ、これだけ沢山の情報が飛び交っている昨今ですから、例え真実を知っている人が貴方の隣にいても、違うところに目が行っていて、気づかないことだってあるわけです。

これがまさに<縁と運とタイミング>といわれるものです。

私も本当に追い詰められ、どん底に落とされてはじめて、今までの自分の在り方を根本から変えないといけないのだと気づきました。

その結果、誰も知り得なかった『カラダの真実』に近付き、触れることができたのです。

私が主宰をしている『西麻布サロン』は現在5年目となりますが、なぜか本当に縁のある方しか来られないようになっています(そういう作りにしています)。

今サロンにいらしている方、プライベートでお付き合いのある方は皆、品格と人格の備わった素晴らしい方々ばかりで、私も色々な面で本当に勉強になっています。

大変なことも多々ありますが、昔のようにストレスを溜めなくなりました。

8年前の今頃はカラダの痛みとココロの苦しみでのたうち回っていましたが、あの頃はまさか自分がこんなに健康に、幸せになるとは思ってもいませんでした。

アンテク

こうして私とご縁あって、この長ーいコラムを読んでくださっている皆様は、きっと「カラダの真実」を知りたくて色々探し回っている方々なのではないかと感じています。

そんな皆様には、このコラムを通して『カラダに関する正しい知識とその応用法』を2014年もこっそりと伝えていきたいと思っております。

拙い文章に最後までお付き合いくださり、本当にありがとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願い致します!

26 views

美伝子Labライター

美伝子が輝く~内側から美しくなるためのカラダ講座カラダ講師安藤 万里子
6歳からバレエを始め、ニューヨーク州立大学芸術学部舞踊科を卒業後、数々のダンスカンパニーにて舞台経験を重ねる。車椅子なしでは生活できない【末期椎間板ヘルニア】となり一時引退したが、ある出会いをきっかけに独自の「アンテクニック」を開発。リハビリを続けたことで、手術をせずに3年間で全快、再び舞台に立てるようになる。

数々のバレエスクールの主任講師を務めた後、
西麻布と人形町にて『アンテクニック』をベースとしたボディコンディショニングサロン、バレエスクールを設立。
誰でも簡単に出来る体を活性させるテクニックには、すでに実践者多数!

Comment On Facebook